2017年8月17日木曜日

catalog

「グリップスタイルはHLLカタログ1978年のファイバーグラス風で、黒ガイドに巻はこげ茶メインで...」とのご希望は、AFF(ARTIST Fiberglass FlyRod)6934-5pc.をお持ち込みのお客様。使われていたロッドはパーツを外してブランクス状態に。塗装下地作りから始まり、時間を要しながらも、現在「塗り替え中」その間に新しいガイドやグリップ、シート金具などを取り揃え塗装の乾燥を「♪ワタシ、マ~ツ~ワ~♪...」(笑)

2017年8月16日水曜日

Wrap

シルバーグレイ、グレイゴールド、レッド、ゴールドの4色を使い、巻き分け完了。"nca/ Classic 3pc. Rod" 7'9"#3。北海道在住の方からのご注文で今回は♯3番というライトライン。渓流のオショロコマかな?ヤマメかしらん?...通常、この番手だと「C&R」シートを使うことが多いのだが「スクリュー・ダウンロック」でとご希望。エンドにAコーンキャップを使うスタイルは、まさに「クラシック」(自画自賛)...やはりオーダーロッドは「カタチ」が命(イノチ・笑)

2017年8月15日火曜日

Diamondback (2)

続くときは続くもので...Diamondback DBG0745 Blanks(DGS700より古い時代のRegular Graphite Blanks)を使いHLL風味"Golden Shadow"を作る。「グレイズ・スポーティング・ジャーナル1978年」に"The graphite promise fulfilled"(グラファイトは約束を遂行した)と題してHLLの広告がある。あ~なるほどね、何故グラファイト・ロッドのロールスロイスと呼ばれたかが分る(画像を拡大してご一読あれ)お客様はもう一本「DBブランクス」をお持ちで(あなたも好きね)どの様にするか「考慮中」とのこと(笑)彼が出入りするH釣具店にはまだ渓流向きのダイアモンドバック・レギュラーグラファイト・ブランクスがあるらしい。NCAのつぶやき「釣竿は出会いだ!後で欲しくなっても二度と手に入りませんぜ...」(こりゃ症状を悪化させる発言でしたな・笑)

2017年8月14日月曜日

Diamondback

よくお持ちで!(笑)コチラは東京銀座・松坂屋(今は別の商業施設になったが)アネックスにあったショップでブランクを購入され(添付タグから判明)ずっとお蔵入りしていた「ダイアモンドバック・クラシックトラウト3ピース」品番DRGPT38223 8'2" #2/3から組み上げたロッド。「スネークウッド」(硬木で高級万年筆の軸などに使われます)のシートもお持ち込み。HLLふうに?と提案したら、透けるブラウン系と言われGUDEBROD #5274 Chestnutで巻きました。あとは「オマカセ」だったのでNCAの個人的趣味、このグリップスタイルに...(笑)

2017年8月13日日曜日

"Classic"

昔は普通にあったが近頃は見かけない「ミディアム・アクション」グラファイトロッド。近年、釣り人だけではなく大手ロッドメーカーに再びラインナップされ、見直されている釣り味を楽しむ「調子」...ファーストアクションは硬いバットセクションと早いティップのかえりを力として誰でもビュ~ッと投げられるのは当たり前、攻める「剛」という感じで作られている。かたや「Medium Action Rod」言葉で表せば「中庸」かな(笑)..."nca / Classic" Rods「クラシカルな雰囲気を醸し出すグラファイト3ピース・ロッドを使い、ゆったりとキャストを楽しみ、鱒と一日遊ぶ。そんな気分にしてくれるnca /Classic Rod シリーズ。自然なベンドカーブを考慮してスピゴット・フェルールを採用。7'9"#2/3、8'3"#3/4、8'6"#3/4、9'0"#4/5 の4種からお好みでお選びください」...(宣伝・笑)

2017年8月12日土曜日

direction

direction 方向...#257 Rust カラーで巻かれたストリッピング・ガイドがコルクグリップに埋め込まれたリールシート・フードと約20度左にずれて取り付けられていた(苦笑)ジョイントマークの「・」とは合っているので、シートやグリップの付け間違えかと思ったが、グリップ取り付けが最初なのでやはりガイド取り付けの「不手際」と判断。ガイドを正しい位置に付け直し、ジョイントマークを新たに付けた...「出荷検品」したのかな~米国・某有名メーカー製カーボンロッド。

2017年8月11日金曜日

Spacer

"ORVIS Superfine Glass 805"用にお客様お好みの「栃」縮みのウッドスペーサーを送って貰った。オーバーサイズで作って貰い、NCAでシート金具に合わせ再加工。オービスグラスのバット部がこれまた太い訳でありまして(苦笑)パイプ状の内径を削り合わせ、薄めに着色(白栃はその名の通り木地は真っ白)太いバットを持つロッドには比較的、加工が容易なコルクスペーサーで済ましてしまう事が多いが、これは「別誂」オーダーしたロッドのみが装える上質な「カタチ」ですね(笑)